北村広紀がお勧めする 自然農法「クレソン粉末」20g

定価 3,000円(税抜)
販売価格 3,000円(税抜)
購入数

クレソン粉末。こちらの商品は、貧血の方に大人気でほうれん草粉末と一緒に栄養補給ドリンクとして愛用されている方が多く、私は夏の食良くが無い時に、お茶漬けにして食べています。
ピリッとして食欲が増しますね。



効果効能については個人差があります。
合わない場合は利用を中止してください。


普通は、青果で出せないB級品を加工にしますが、A級品にこだわる薄田恵子さんのほうれん草粉末です。

こちらの畑は、マルチさえ使用しない本物の自然農法(無肥料・無農薬栽培)です。

薄田ファーム 薄田恵子さんプロフィール
臨床検査技師をしていたこともあり、若い頃から薬の毒性や食品添加物・日用品添加物などの有害性に興味があり、勉強してきました。

その後、岡田茂吉先生の自然農法と出会い、感動して、人類の未来の為に、地球の未来の為に、自分も自然農法をしなければと強く思いました。、

平成20年より庭の畑で自然農法に取り組み始めながら、水が綺麗、近くの田畑からの農薬飛散が少ない、残留農薬、肥料毒が少ない土地を探し始めました。

2年間かかって、荒れた畑をみつけました。その荒れた畑は、山の一番上の隠れ畑で、5年間くらい放棄してあり、水は清い地下水が一年中湧いていて、自然農法に適した畑でした。

毎日手作業で1 本づつ草木を抜き、石を運び畑にしました。

今現在は、 放棄20年の荒れ地を開墾しています。雑木林になっていて、幹回りが20cm位の木が何十本もありました。友人達には、開拓移民団みたいねと言われています。

栽培では、普通マルチを使った栽培が主流ですが、マルチ自体の環境ホルモンを懸念して、土を汚したくないと言う思いで、栽培当初からマルチ無しで栽 培しています。

ここまでするのは、健康な畑は、健康な野菜を作り、健康な野菜は、健康な人間を作ると、信じているからです。もちろん種もですが。


Your recent history

Recommended

About the owner

北村広紀

生産者の地位向上と自然農法の普及を目指すグループです。 私は九州・佐賀県で無肥料、無農薬栽培の自然農法で農業を営む北村広紀(きたむら・ひろき=60歳)と申します。 現在の日本農業は化学肥料と農薬を基本とした農法で、それによって生産された食べ物は、本来自然に有する機能が大きく欠落しているように感じております。 有機農業にしても、未完熟の堆肥により地下水の汚染や食味が悪くなる傾向もございます。 私が1番に危惧しているのは、人の体、健康な暮らしが出来にくくなって来ている事です。 本当に安全な食べ物がこれから増えて行かないと、人間の心と体に大変な時代が来ると思います。 そのような危機感を持った仲間達の安全な商品を販売しているネットショップです。
お問い合わせ電話番号
0952-65-5300
メール
mutugorou.1315@ezweb.ne.jp

プロモーションビデオ

自然米購入者様の声 唐津焼14代中里太郎右衛門様

自然米購入者様の声 四国の方

自然米購入者様の声 福岡の方

自然米購入者様の声 佐賀の方

ごはんとおとも 東京の方

北村広紀の自然農法(1)
北村広紀の自然農法(2)
北村広紀の自然農法(3)
北村広紀の自然農法(4)
北村広紀の自然農法(5)
北村広紀の自然農法(6)
北村広紀の自然農法(7)

菊芋粉末、ほうれん草粉末、クレソン粉末の奇跡

菊芋粉末、ほうれん草粉末、クレソン粉末の奇跡


販売店募集中

ホームページ
北村広紀の自然米

フェイスブック
FB北村広紀

FB自然栽培園北村

FBボランティアクラブむつごろう

プレスリリース

プレスリリース2

プレスリリース3

薄田恵子さん ホームページ

中田伸二さん ホームページ

野田秀明さん ホームページ

生産者の地位向上と自然農法の普及を目指すグループARGです。

お気軽に御相談ください。出来ることは何でもさせて頂きます。

2017年12月12日韓国から訪問



2018年2月17日 西日本新聞 自然米をこども食堂に提供

2017年8月25日 インターネット マガジンWAGMAGで紹介

2017年1月28日 佐賀新聞 週刊ニュース5に北村広紀が掲載

2017年1月8日 毎日新聞「食の考える場に」

2016年10月17日 ふるさと納税返礼品に自然栽培米と玄米珈琲

2016年5月27日 情報誌「WASABI」に掲載。

2016年5月21日 佐賀新聞に掲載。

2016年5月1日 朝日新聞に掲載。

10000円以上お買い上げで送料無料  

Blog