「神の力」30年ヒストーリー


日本一旨い米作りにこだわった

日本一妥協しない米作り

一生のうちに一回は食べておきたい米

佐賀で一番美味しい鰻店が使っていた米がコシヒカリ、この米に魅了された。

漫画美味しんぼを読んで、日本一旨い米・究極の米を作りたくなる。

日本一旨い米とは、どう作れば良いのか。

答えは、自然に作れば美味しくなる。

非自然に作るほど味は落ちる。

肥料が少ないほど美味しい米になる。

肥料を吸収した稲は、葉から肥料ガスを出し、害虫がそのガスに誘われて来る。



アグリ・アーティスト誕生 1983年 


父と母が米・麦を栽培していた。 そこに、俺が加わりビニールハウスで、冬春ナスの栽培を始める。 肥料・農薬漬けの現実にガッカリ。 当然、肥料が多い程美味しくない。 農薬も使用しない方が美味しいに決まっている。


米の品種選定 やはり何と言っても米の種だ、美味しい品種を探す。


当時の農協(JA)に米の栽培指導をしている部署がある。その部屋に小学校からの友達がいたので相談する事にした。
すると、ササニシキかコシヒカリが美味しい事が分かった。 しかし、ササニシキは温暖な佐賀では旨味が出ないと言う。 良しコシヒカリに決めた。 早速、その友達にコシヒカリの種を入手してもらった。

種子の選別を普通は塩水に入れて、沈んだ種を使用する。 1回だけ塩水選別を行ったが、大した成果は無い。
自然界では、有り得無い事なので以後やらない事にした。(水選別のみ)



次は、種子消毒を行うところだが、日本一旨い米を作るのに農薬は使わない。 有機栽培で多くの人がやっている温とう消毒(お湯60度に10分間漬ける)と言うやつが有るが、これも俺はやらない事にした。(自然界で温とう消毒など無い)

移植は、田植え機を使用するが、 苗箱の土をどうするか? 普通は、山土にもみがらを焼いた燻炭と化学肥料を混ぜて苗土を作るが、当然これも入れたくない。 と言う事で、山土だけで苗を作る事にした。 そうなると、種に残った養分が有るうちに田植えの必要がある。

まずは少しの田んぼから始める事にした。


旨い米作り1年目


1986年10アール(約300坪)の水田から日本一旨い米作りを始めた。

普通は、除草剤を散布すると草対策は終わりだが、当然俺は除草剤など使う気は無いし、使わなくて美味しい米を作る。 そこで用いたのが、オヤジが昔使っていたガンズメ(田車押し) これを数回暑い夏の日中に押した。

(草が生えなかった) 8月上旬どこよりも早く稲穂が出て稔った。(なんて早い品種だろう) 9月下旬稲穂が黄金にたれて収穫した。 (コシヒカリは今までに数回しか食べていなかったが、肥料・農薬を使用していない米は、想像以上に美味しく毎日が感動だ) 田植えをして、約3か月で収穫だ。(今まで佐賀で作られている米は、早い品種でも約3か月半以上掛かっていた。)


旨い米作り2年目


1年目の5倍の面積50アール(約1500坪)を栽培した。 今回から動力付きの2条ガンズメを購入して、除草作業を行ない稲が元気に育ち害虫も少ない。旨い。


旨い米作り3年目


2年目の約3倍の面積、全部の水田165アール(約5000坪)を栽培する事にした。2条ガンズメを使用して田んぼ全部を除草するのに5日以上掛かった。苗の捕植や田植え機の洗浄などを行っている間に、草が生え雑草だらけの田んぼになった。雑草の勢力は強く、稲は大きく育つ事が出来ない。 その為、収穫量は少なく雑草の恐ろしさを知る事になった。

そして、父が亡くなり、草だらけの田んぼを見た叔父が怒鳴り込んで来た。 きっと俺がなまけて雑草を生やしていると思ったようだ。叔父には、3年間で草の無い田んぼを作ると約束をした。俺も覚悟を決めて、熊本県の先駆者(雑草を克服した方)に教えを頂きに行き、田植えの手伝いもした。 そこで学んだ事は数多く、その他(田んぼの周り全部に捕植)の教えも実行した。


旨い米作り4年目


1989年165アール(約5000坪)栽培。 田植え後、動力ガンズメ2台に増やし妻と二人で行った。

機械をフルに使うことで草が全く生えない状態となり収穫量も増えた。感動だ。 しかし、粒が小さい。 今後は、もっと旨い大粒の米を作りたい。


1990年 苗の時に失敗した。


ビニールハウスの中で苗作りをして、雨から急に晴れ天候が変わり、ビニールハウスの中が高温となり、水不足で苗が半分以上枯れた。ヤバイ どうしよう。苗をやり直すとすれば、約400箱の土と種が約80kg必要となる。土は幸いにして何とか足りそうだ。 種は、約70kgしかない。 足らない10kg分は、玄米を蒔く事にした。

田植え時期が7月初めくらいになる。何とかなる。やるしかない。2回目の種蒔きが6月中旬、田植えが7月となった。 玄米を蒔いた苗は、成長が不ぞろいだったが、田植えをする頃には分からなくなった。 そして、収穫時期が10月初めとなった。

秋の寒暖差が大きくなり美味しくなっている。収穫時期が冷えてくると米の旨味が出ている。
一段と美味しく感じた。 調べて行くうちに、稲の状態で米が完熟する方が美味しい事に気付き、次年度から収穫時期を10月10日以降に遅らせる事にした。凄い。未熟米がほとんど無くなり一段と旨みが増した。


旨い米作りの為に田植え機変更


1995年から、みのるポット田植え機を使用し、苗の成長が良くなる。 箱苗を無肥料で作ると、どうしても種子の栄養が15日くらいで切れてしまい成長が止まり、黄色く葉が変化した。 みのるポット苗箱は、田んぼに直置きする為に、苗の根が苗箱から伸びて田んぼの栄養を吸収し大きく成長出来る。

全く日本一旨い米に適したポット苗箱とポット田植え機だ。

しかし、田植えで困っていたのが水。まだ周りは減反が多くて、共同の水揚げポンプが稼働しない田んぼも有り、水路から水を直接揚げる為に自分でポンプを設置していた。そのような事で、大切な水を田植えの前に落とし、田植え後にまた水を揚げる手間と苗の植え痛みを心配していた。
田植えの時に、真っ直ぐ植える目印を付ける為に水を落としていた。考えた末に、水が溜まったままで田植えが出来ないのか先輩に聞くと、水が有る状態の方が、みのるポット田植え機は調子が良い事を知った。約5センチ水が溜まった状態で田植えをする事にした。すると、田植え機で次の列に目印を付けていくが、水が溜まっている為に全く目印が見えない。こうなったら、目印無しでまっすぐに植えるテクニックを身に付けるしかない。現在も水が溜まったままの状態で田植えを行っている。(訓練すればまっすぐに植えられる)苗の植え痛みも少なく稲は大きく成長出来ている。


1997年苗の時に害虫がびっしり付く


苗の時に害虫がびっしり付き苗の樹液を吸っている。 苗が黄色くなり元気がない。
どうしたら良いのか必死に考え、俺が使えるのは、太陽と水と土。 そして、考え浮かんだのが水を使う事、水を苗床にたっぷり入れると、害虫は水の無い葉に登って行く。 そこで、竹の棒を使い払い落すと害虫が水に浮いた。 その害虫と水を一緒に川に落とした。 これを何回も行い、害虫を減らすことに成功した。どうしても、肥料・農薬の毒が土や種に残っている、それを浄化する為に害虫の被害があるとは聞いていた。 しかし、このタイミングで有るとは。


2006年 台風塩害 9月21日台風13号がやって来た。


今回は違う、風台風だ。 雨が降らない。 有明海の水を巻き上げて塩水が降る。 街路樹の木が南側半分枯れ始めた。稲も黒く枯れた。 ヤバイ 稲穂は成熟まで達してない。

10月12日コンバインで刈り取りをするが、後ろからモミが落ちている。 中味が入っていないモミがわらと一緒に田んぼに落ちている。 稲刈り後、もみすりをして玄米にした。平年の半分以下しかも超小粒だ。超少ない収穫量に愕然。 だけど旨い。


2010年環境改善で米は美味しくなる。


もっと美味しい米作りの為に水を綺麗にしたい。 水が綺麗になると米は美味しくなる。そこで始めたのがゴミ拾い、もっと旨い米を作りたい。

水路(クリーク)のゴミ拾いを2010年一人から始めた。最初は恥ずかしい思いもあったが、終わった後の達成感がある。自分の魂が喜ぶ。現在も毎月1回のボランティア活動は楽しく(心清い仲間と活動)趣味となった。確実に米は美味しくなって来ている。


種の力


俺は、30年前からのコシヒカリの種を自家採取で継承している。 毎年、同じ土・環境(無肥料・無農薬)で同じコシヒカリを栽培し続けることで、そのDNAは、気候や水を覚え進化して行き、そしてコシヒカリの種肥料毒が減って美味しくなった。


「神の力」誕生秘話 


2013年に購入者から、こんな話を聞いた。それは、「作り手の行動や言動で米の味が変わる」 そして、俺に何か足りないもの、間違っているものは何か…考え、「口が悪い(人の悪口を話す)」そんな行動があった事に気付き、直す事を心掛けた。 すると米は、今までに無い大粒の米が多く、虫の被害も少ない、しかも大変美味しい米が収穫出来た。(大粒米は旨味が豊富)俺は今回の事で、作り方だけでは本当に旨い米は出来ない、作り手の心と誠が米に現れると感じた。
本物の旨い米を作りたい。分かった事は、美味しく旨味がある米は、自然に添った事をすれば良い。 農薬や肥料を使わない方が良い。

収穫した米の中約4000kgから更に大粒米を50kg厳選した。それが美味しさ・旨みを感じる、「神の力」だ。

Recommended

About the owner

北村広紀

生産者の地位向上と自然農法の普及を目指すグループです。 私は九州・佐賀県で無肥料、無農薬栽培の自然農法で農業を営む北村広紀(きたむら・ひろき=60歳)と申します。 現在の日本農業は化学肥料と農薬を基本とした農法で、それによって生産された食べ物は、本来自然に有する機能が大きく欠落しているように感じております。 有機農業にしても、未完熟の堆肥により地下水の汚染や食味が悪くなる傾向もございます。 私が1番に危惧しているのは、人の体、健康な暮らしが出来にくくなって来ている事です。 本当に安全な食べ物がこれから増えて行かないと、人間の心と体に大変な時代が来ると思います。 そのような危機感を持った仲間達の安全な商品を販売しているネットショップです。
お問い合わせ電話番号
0952-65-5300
メール
mutugorou.1315@ezweb.ne.jp

プロモーションビデオ

自然米購入者様の声 唐津焼14代中里太郎右衛門様

自然米購入者様の声 四国の方

自然米購入者様の声 福岡の方

自然米購入者様の声 佐賀の方

ごはんとおとも 東京の方

北村広紀の自然農法(1)
北村広紀の自然農法(2)
北村広紀の自然農法(3)
北村広紀の自然農法(4)
北村広紀の自然農法(5)
北村広紀の自然農法(6)
北村広紀の自然農法(7)

菊芋粉末、ほうれん草粉末、クレソン粉末の奇跡

菊芋粉末、ほうれん草粉末、クレソン粉末の奇跡


販売店募集中

ホームページ
北村広紀の自然米

フェイスブック
FB北村広紀

FB自然栽培園北村

FBボランティアクラブむつごろう

プレスリリース

プレスリリース2

プレスリリース3

薄田恵子さん ホームページ

中田伸二さん ホームページ

野田秀明さん ホームページ

生産者の地位向上と自然農法の普及を目指すグループARGです。

お気軽に御相談ください。出来ることは何でもさせて頂きます。

2017年12月12日韓国から訪問



2018年2月17日 西日本新聞 自然米をこども食堂に提供

2017年8月25日 インターネット マガジンWAGMAGで紹介

2017年1月28日 佐賀新聞 週刊ニュース5に北村広紀が掲載

2017年1月8日 毎日新聞「食の考える場に」

2016年10月17日 ふるさと納税返礼品に自然栽培米と玄米珈琲

2016年5月27日 情報誌「WASABI」に掲載。

2016年5月21日 佐賀新聞に掲載。

2016年5月1日 朝日新聞に掲載。

10000円以上お買い上げで送料無料  

Blog