飽きない自然米

 

私が北村さんのお米を知ったのは、4年前です。
いつもお世話になっている方から自然のお米を交換しませんか?と、言われました。

丁度その時、他の方の自然米を食べていました。他の方のお米は、どんなお味だろうと食べてみたくて交換をして頂きました。

北村さんのお米は、もちもちして、とても美味しくて、一挙に2杯も食べてしまいました。

品種を聞くとコシヒカリだそうで、自然栽培でおいしいお米が食べれることは、凄いと思いました。

そのお米を購入し始めて、間もなく換気扇の掃除をした後に洗剤にまけて湿疹がでました。その時市販の売っているお菓子や野菜たちを食べるとかゆくなり食べれるのは、北村さんのお米だけでした。

お米だけ3食べてました。ご飯だけを食べていると唯一食べれる食材(お米)が飽きてしまわないか心配でしたが、そのようなこともなくて、湿疹が少しずつ落ち着くと自然栽培、有機栽培野菜と共にご飯を食べるようになりました。

湿疹がひいた後も疲れてドカ食いしたいときもお菓子を食べてもなぜか満足感がない、空腹感が満たされない、そんな時には北村さんのお米を少量食べてみます。

すると、何かわからないけれど満足感がきます。知り合いの方にその話をすると、ものの霊気を頂いているから満足感と満腹感がくることを教えて頂きました。(霊気の高い食べ物は、とれたての新鮮なもの、とれたての旬のものだそうです。)

北村さんの自然栽培お米は、食べてみないと分かりませんが、体調が悪くなった時に、すごくよく分かります。

偶然に紹介して頂いたお米ですが、毎食頂くのが楽しみです。   愛媛県松山市 女性

Recommended

About the owner

北村広紀

生産者の地位向上と自然農法の普及を目指すグループです。 私は九州・佐賀県で無肥料、無農薬栽培の自然農法で農業を営む北村広紀(きたむら・ひろき=60歳)と申します。 現在の日本農業は化学肥料と農薬を基本とした農法で、それによって生産された食べ物は、本来自然に有する機能が大きく欠落しているように感じております。 有機農業にしても、未完熟の堆肥により地下水の汚染や食味が悪くなる傾向もございます。 私が1番に危惧しているのは、人の体、健康な暮らしが出来にくくなって来ている事です。 本当に安全な食べ物がこれから増えて行かないと、人間の心と体に大変な時代が来ると思います。 そのような危機感を持った仲間達の安全な商品を販売しているネットショップです。
お問い合わせ電話番号
0952-65-5300
メール
mutugorou.1315@ezweb.ne.jp

プロモーションビデオ

自然米購入者様の声 唐津焼14代中里太郎右衛門様

自然米購入者様の声 四国の方

自然米購入者様の声 福岡の方

自然米購入者様の声 佐賀の方

ごはんとおとも 東京の方

北村広紀の自然農法(1)
北村広紀の自然農法(2)
北村広紀の自然農法(3)
北村広紀の自然農法(4)
北村広紀の自然農法(5)
北村広紀の自然農法(6)
北村広紀の自然農法(7)

菊芋粉末、ほうれん草粉末、クレソン粉末の奇跡

菊芋粉末、ほうれん草粉末、クレソン粉末の奇跡


販売店募集中

ホームページ
北村広紀の自然米

フェイスブック
FB北村広紀

FB自然栽培園北村

FBボランティアクラブむつごろう

プレスリリース

プレスリリース2

プレスリリース3

薄田恵子さん ホームページ

中田伸二さん ホームページ

野田秀明さん ホームページ

生産者の地位向上と自然農法の普及を目指すグループARGです。

お気軽に御相談ください。出来ることは何でもさせて頂きます。

2017年12月12日韓国から訪問



2018年2月17日 西日本新聞 自然米をこども食堂に提供

2017年8月25日 インターネット マガジンWAGMAGで紹介

2017年1月28日 佐賀新聞 週刊ニュース5に北村広紀が掲載

2017年1月8日 毎日新聞「食の考える場に」

2016年10月17日 ふるさと納税返礼品に自然栽培米と玄米珈琲

2016年5月27日 情報誌「WASABI」に掲載。

2016年5月21日 佐賀新聞に掲載。

2016年5月1日 朝日新聞に掲載。

10000円以上お買い上げで送料無料  

Blog